第2回弁論期日報告

2009/08/30 17:45 に 兵庫弁護団 が投稿
1 第2回弁論期日
  平成21年6月26日午前10時30分より、神戸地方裁判所101号法廷にて、第2回弁論期日が開催されました。(当初は5月22日に予定されていたのですが、例の新型インフルエンザ流行により上記日時に変更になりました。)
  暑い中、今回も、実に多数の方々が傍聴に駆けつけて下さったため、抽選が実施されました。

  期日においては、裁判所による釈明、第1次訴訟と第2次訴訟の弁論併合決定、被告らによる答弁書および準備書面の陳述、これに対する、原告の反論準備書面の陳述および意見陳述などがおこなわれました。
  その後、石倉さんのお母さ、と田中さんのお母さんが意見陳述をして下さいました。お二人は、子どもが生まれたときの嬉しさ、我が子が障害を持っていることが分かったときの悩み、日々の生活の中での悩みや喜びそして誇りなどを、ご自分の言葉で、あるときは淡々と、ある時は思いを込めて語って下さいました。傍聴席からは、そこかしこから泣きながら鼻をかんでいるような音が聞こえて来ました。報告者も、思わず目頭が熱くなりましたが、代理人席では泣かないようにしようと決めていたので、何とか耐えました。自立支援法が、当事者や支援者にどのような思いを強いているのか、強く訴えることが出来たと思います。

  次回期日は8月28日、10時30分からになりました。

2 報告集会
  その後、裁判所に隣接する兵庫県弁護士会本館で、原告団、弁護団及び支援団体が参加して、第2回弁論期日の報告集会が行われました。ここでも、およそ●●名の方が参加して下さり、関心の高さがうかがわれました。
  今回の訴訟手続の説明、原告さんの自己紹介、新入団員が増えた弁護団の自己紹介、各支援団体の活動報告、等がおこなわれました。弁護団に対する激励のお言葉等もいただきました。

3 感想など
  参加頂いた方々、ありがとうございました。報告者は、弁護団として本格的に関わらせて頂くようになったのはまだ2か月足らずなのですが、今回の期日に参加して気が引き締まる思いです。10月には第3次訴訟も控えております。今後とも、ご支援ご協力をお願い致します。
Comments