第4回弁論期日報告

2009/12/10 23:45 に 兵庫弁護団 が投稿   [ 2009/12/10 23:50 に更新しました ]
1 第4回弁論期日
(1) 平成21年12月4日午前10時30分より、神戸地方裁判所101号法廷にて、
第4回弁論期日が開かれました。

(2)期日内容
第1次・第2次訴訟

原告

 10月7日付け請求の拡張申立書(田中)・陳述
 12月4日付け請求の趣旨変更申立書・陳述
 12月4日付け第4準備書面,第5準備書面 陳述
 第2次訴訟につき,既に写しを提出した書証の原本取調べ


被告

 拡張申立てに対する答弁(答弁留保)
 広島と同じく、
 「自立支援法については、連立政権合意において、「障害者自立支援法」は廃止し、「制度の谷間」がなく、利用者の応能負担を基本とする総合的な制度をつくる。この方針により制度を見直し、訴訟遂行の在り方を検討する。」との答弁がありました。

 請求変更申立てに対する答弁 留保

第3次訴訟

原告
 訴状・訴訟訂正の申立書・陳述

被告
 答弁書・陳述留保

 1、2次訴訟との併合決定がされました。
 第3次訴訟の書証の原本取調べ

裁判所から求釈明(田中さん関係)があり、次回、原処分について書証を提出する予定。

意見陳述

原告山田さんと和田さんが意見陳述されました。
これまでのご苦労、それを乗り越えて来たのに、自立支援法は何をするにも利用料を
徴収し、社会参加を阻んでいることがよく伝わってきました。
自立支援法は、もはや自立「疎害」法としか言えないとの言葉が強く印象に残りました。

最後には、大きな拍手が沸き起こった意見陳述でした。


(3)次回期日は、平成22年3月2日10時30分です。
これまでどおり、原告の主張立証を継続予定です。

 

2.報告集会

報告集会は,期日終了後時間を延長して昼過ぎまでおこなわれました。
集まりが心配されましたが,兵庫県弁護士会館講堂が一杯に
なる程大勢の方が集まってくれました。

福島弁護士による経緯報告,原告・弁護団の紹介に続き,
会場からの質問や意見を募ったところ,各団体や一般市民
(原告のご近所の方など)の方々から力強い応援メッセージが
多数寄せられました。

会場には,サンテレビ・NHKの取材クルーも来ており,その場で
原告に対するインタビューもおこなわれました。サンテレビは,集会後も
原告車谷さん宅で取材をしたいとのことでした。

この訴訟が,社会の関心を集めているということを改めて実感した集会でした。
今後ともよろしくお願いします。


以上

Comments