埼玉

第2次第1回・第一次第3回開かれる!

2009/08/06 23:46 に 埼玉弁護団 が投稿

2009年7月29日(水)
午前10時30分
 
第二次訴訟(原告5名)を提起
(5/20・第一次第二回期日が行われた日)
し,
その第一回口頭弁論期日が開かれました。
第二次原告の石井さんご本人
高沢さんのお母さん
柳沢さんのお母さん
がそれぞれ意見陳述をしました。
 
石井さんは,働くことにお金を払うことの不合理性を,
高沢さんのお母さんは,障がいがある人の生きる権利などを意見陳述しました。
柳沢さんのお母さんは,柳沢さんご本人がそばに一緒に立って,
この瞬間にも障害者自立支援法に障がいのある人が苦しんでいることを
切実に訴えました。
 
第一次訴訟と併合され,
第一次訴訟の第3回口頭弁論期日として開かれ,
副題「ここがおかしい応益負担」というべき準備書面陳述としての
プレゼンテーションも行われました。
 
 
 

第1回口頭弁論期日開かれる!

2009/03/26 3:56 に 埼玉弁護団 が投稿

2009年3月25日
さいたま地裁でも、
障害者自立支援法違憲訴訟の
第一回口頭弁論期日が行われました。
午前10時30分開廷予定ですが、
午前9時ころから原告ら、障がい当事者の方、支援者が続々と
やってきました。
傍聴のための整理券に列は103人。
10時ころ抽選により40席が決まり、
105法廷に入場しました。
原告7名と保護者、弁護士約30名が着席。
被告側も20人くらい入廷。
10時30分開廷
裁判官入廷
傍聴人扱いの手話通訳のための
パイプ椅子を傍聴席脇に設置を裁判長が
職員に指示
(本来は、手話通訳としての入廷が認められるべき!)
○訴状陳述
柴野和善弁護士
○意見陳述
原告・五十嵐良さん
原告・新井育代さんの母新井たかねさん(補佐人として)
きょうされん・斎藤なを子さん(原告中村英臣さんの補佐人)
(以上の内容は添付ファイル参照)
弁護団長・竹下義樹弁護士
次回期日 5/20 午前10時
次々回期日 7/29 午前10時30分

第1回口頭弁論期日は3/25

2009/01/11 6:32 に 埼玉弁護団 が投稿   [ 2009/02/21 3:35 に更新しました ]

事件番号 平成20年(行ウ)第35号
さいたま地裁 第4民事部
 
第1回口頭弁論期日が指定されました。
2009(平成21)年3月25日(水)
午前10時30分から
さいたま地方裁判所第105号法廷
概ね60分程度を予定しています。
傍聴希望者多数のため、
抽選が行われる見込みです。
多くの方の出席・傍聴をお願いします。
 
なお、当日、法廷終了後、報告集会を計画しています。
こちらもご参加ください。
 
さいたま弁護団 問い合わせ窓口
しばの法律事務所 弁護士 柴野和善
℡ 048(950)6211 
 

2009/01/11 6:32 に 埼玉弁護団 が投稿

1-4 of 4